株式会社 空間技研 : 2011 : 2月

空師の背中

「空師」
・・・一般の方には耳馴染みのないこの職業ですが、その仕事は数ある伝統的な職業の中でもかなり危険を伴う、熟練者にしかできない職業です。
古来、樹木よりも高いものがほとんどなかった時代からこの職業はあり、また、その樹木のてっぺんまで登って仕事をすることから「空師」の名前は付けられました。

樹齢を重ねた巨木や崖からせり出した危険樹木など、「空師」は熟練の技で単身木に登って処置を施します。
その仕事は枝打ちから鳥の巣の除去、さらに完全な伐採、伐根まで。
どんな場所に立つ樹木でも長年培われた技で安全にこれらの作業をこなします。
高所からの枝下ろしや伐採の手際などは見事の一言に尽きます。

空師の詳しい情報が気になる方はこちらをクリック